株式会社TMOでは、ビル・店舗のメンテナンス、不動産活用を提供・提案します。

ダクト火災予防について

ダクト火災予防への取り組み

ダクト火災予防

TMOは、ダクト火災予防を行っています。
近年の飲食店からの火災件数は増加傾向にあり、約半数は厨房設備等から出火しています。
焼肉ロースターダクトや厨房ダクトの火災予防清掃(着火点等の油分除去)、防火器具(防火ダンパー等)、排気ファンの点検整備を行っています。
設備のメンテナンスをすることで火災を防ぐと共に一酸化炭素中毒事故等を防ぐこともできます。
画像の説明
写真はダクト火災の消火現場の様子です。
私たちは、ダクト火災時の消防への消火指示や現場検証に参加した経験を活かし、より安全な店舗設備メンテナンスを目指すように努力しています。

ダクト火災予防について

ダクト火災予防作業

「飲食店をされている方にお聞きします。火災予防のために今何をしていますか?」
飲食店の調理排気ダクトには、厨房や焼肉ロースター等があります。

焼肉ロースター   厨房フード
飲食店の調理排気ダクトには、火災(延焼)を防ぐ為の様々な防火設備の設置が条例や建築基準法で定められていることをご存知でしょうか?

飲食店をされている方に聞いても、ほとんど知られていないことに驚きます。

設備があっても、火災時に正常作動しなければ意味がありません。作動しないことで火災が延焼してしまった場合には店舗の責任が問われてしまいます。
その防火設備を整備点検し、着火の原因になる油分の除去作業をダクト火災予防作業と呼んでいます。

作業事例紹介

厨房フード
焼肉ロースター

防火器具紹介

厨房フードダクト、焼肉ロースターダクトに設置されている防火設備
(地域や建物の構造によって設置が異なります。)

防火ダンパー

火災時の延焼防止の為のダンパーです。厨房フード(ダクト吸込み口部分)や、ダクトが防火区画を貫通する部分に取り付けられます。
防火ダンパーには、溶融ヒューズが取り付けられています。設定温度を超えた空気が通過するとヒューズが溶けてダンパーが作動し通気を遮断する仕組みです。
ハイガード  丸ダンパー  バタフライダンパー

ダクト内消火器

写真は焼肉ロースター専用のダクト消火器(モリタユージー製)です。
厨房ダクトにはセコムのトマホークジェット等の設備が多く使われています。
消火器

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional